慰謝料請求は弁護士へ

Pocket

配偶者が不貞を働いた場合、慰謝料を請求するケースが多いかもしれませんが、この不倫関連の慰謝料を請求するサポートを依頼できる専門家としては弁護士以外にも行政書士や司法書士もいます。ところが行政書士や司法書士は主に書類を作成するプロであって、相手方との交渉や紛争の解決などにあたることはできません。ですから相手側と意見の相違があったり、対決の様相を呈していたりする時などに行政書士や司法書士に相談をしてもあまりできることはないということになってしまいます。

相談一方弁護士の場合は書類の作成だけでなく、相手との交渉や離婚調停さらには裁判や強制執行なども可能なので、最初から弁護士に相談しておいたほうが、どのような展開になっても対応しサポートしてもらえるので便利でしょう。浮気や不倫によって発生する慰謝料の請求には、それだけでなく付随して離婚手続きや子供に親権に関する相談なども必要になってくる可能性が高いです。

そのような場合も弁護士に相談することができますので、不倫問題が生じた時にはトータルで見て弁護士に相談するのが得策だということがわかります。確かに費用面で一番安くすむのは行政書士かもしれませんが、サポートの範囲を考えると弁護士がおすすめです。